飛ぶことのできる害獣

キッチンの中を見る

鳥獣類による住宅被害があります

住まいや人的被害を与える害虫は、日頃から目にしている動物や都心ではめったに見かけない変わった動物がいます。鳩やコウモリ、カラスなどの鳥獣類は、屋根裏や住まい周辺での糞尿被害や、ごみ置き場での生ごみ荒らしなどの被害があります。鳥獣類は空中を飛行するために捕獲や駆除そのものが難しく、害獣駆除業者への依頼が必要になります。独自に排除しようと罠を掛けたり、煙を焚いたりすることがありますが、空を飛べる利点のある害獣はなかなか思い通りに確保することができません。また、害獣駆除は鳥獣保護法により勝手には行う事ができず、国が認可した専門の業者へ依頼することが、手間の掛かる駆除後の処置た消毒の面でも役に立ちます。

駆除後のメンテナンスが行き届いた業者があります

害獣駆除の依頼は、鳥獣類以外にもネズミやイタチなどの日頃から目に付かないとことで生活している動物の駆除があります。イタチは、春先になると出産の準備のために天井に住み着くことがあります。天井や屋根裏は断熱材により環境も暖かく、外敵からも身を守ることができる格好の場所になります。日頃から確認しておかないと、気が付くことのないわずかな隙間から侵入し、子供が生まれると騒々しい環境になります。大量の糞尿により発生したノミやダニは、人の生活環境に降りてきて人に影響を与えます。害獣駆除業者は、駆除そのものの行為だけでなく、糞尿の撤去、害虫の発生防止のための消毒を行います。評判の良い業者は、駆除後数年間は再発した場合の保証があり、メンテナンスが行き届いています。